世田谷エリアで注文住宅を扱う業者の選び方

世田谷の注文住宅を扱っている業者の良い選び方

注文住宅を建築する時には、どの業者を利用するかによって出来具合が異なって来ます。では、どのような業者を利用すれば良いでしょうか。世田谷区で注文住宅を建てる場合には、ハウスメーカーと工務店の二つがあります。ハウスメーカーはテレビコマーシャルなどをしている全国的に有名な所も多く、規模が大きいのが特徴です。ハウスメーカーは、名前が有名なところが多いため、全体的に費用が高いイメージが強いでしょう。もちろん、その反面しっかりと見てくれますので心配はないでしょう。これに対して工務店の場合は、規模が小さいところが多い分、会社によって出来のいい悪いはあります。どの工務店も規模が小さい分細かい所まで要望を聞いてくれる可能性があるのは、大きな特徴と言えるでしょう。

見積もりを見て業者を決めるのがよい

世田谷区で注文住宅の業者を選ぶためには、見積もりをしてみることが重要になります。例えば、見積もりをした時に営業マンの態度などで、質の良い業者かどうかを見抜くべきポイントになります。見積もりをする時に、契約を急がせようとする会社は絶対に避けるべきです。早く契約を決めていい加減な工事をしようとする前触れの可能性が高いからです。営業マンはハウスメーカーや工務店の社員の事が普通ですが、中には営業マンだけ外注にお願いをしているところがあります。その場合、営業マンとしてもできるだけ契約をとることで、給料がアップしますので、仕事内容がどんな内容でもいいのでとにかく契約を取ろうとするのです。つまり、顧客がどんな家を望んでいるかよりも自分の給料が大事だということなのです。

訪問営業は9割方避けたほうがいい理由

もう一つは、訪問営業かどうかと言うところも重要になります。訪問営業とは、自宅の玄関のチャイムを鳴らして、注文住宅での建て替えを勧めて来ることをいいます。世田谷区でもよく見られる光景になります。訪問営業をする理由を考えれば分かりますが、基本的に訪問営業をしなければなかなか顧客が見つからないからです。もちろん中には最初から訪問営業でその良さを直接伝えようとしている業者もありますので、すべての訪問営業が悪いわけではありませんが、どうしてもその業者でなければいやだという場合でない限り、避けておくのが無難な所と言うことができます。特に、お年寄りの一人暮らしの場合は狙われやすいのがポイントになります。お年寄りになると情に弱くなりますので、泣き落としは気をつけなければなりません。